校長挨拶

茨城県立笠間高等学校長  白土 毅
                

 校長あいさつ (2020年4月)

本校は明治42年に農学校として開校し,昨年創立110年を迎えました。

その歴史の中で,卒業生は2万1千人を超え,県内外で様々な活躍をするなど,社会の発展に貢献しています。

昭和9年に現在の地に移転して以来,時代の変化に伴い,幾多の学科改編を行ってまいりましたが,平成21年度に、従来からの普通科に加え美術科を,平成25年度には県内唯一のメディア芸術科が設置され,「芸術の町かさま」にふさわしい高校として発展しています。

現在では,地域のイベント等において生徒が作品を発表する機会をいただくなど,地域の方々から支えていただきながら,現在に至っています。

 生徒は「誠実・勤勉・自律」の校訓のもと,日々学習や部活動に一生懸命取り組み,充実した高校生活を送っています。

 進路についてはここ数年生徒の進学に対する意欲が高まり,国公立大学への合格者も11年連続し,私立大学進学者も増加傾向にあります。

 一方で,就職を希望する生徒も100%の内定率を獲得し,地域に寄与する人材として期待されています。

 部活動においては,部活動においては,運動部は公式戦での勝利や県大会出場を目指して,日々練習に励んでいます。文化部では,美術部が全国高等学校総合文化祭へ県代表として出品するなど,各種大会やコンテスト等で優秀な成績を修め,日頃の成果を十分に発揮し着実に実績を積み重ねています。

 本年度も,生徒一人一人が充実した高校生活を送れるように,生徒・教職員が110周年記念のテーマ「受け継がれる歴史・変わりゆく未来」のもとに一体となって,精一杯取り組んでまいりますのでよろしくお願いいたします。

  

   

 

 

いきいき茨城ゆめ国体2019



 

住所

〒309-1611
茨城県笠間市笠間1668番地
TEL 0296-72-1171
FAX 0296-72-2590
E-mail
koho@kasama-h.ibk.ed.jp
 

笠間高等学校いじめ防止基本方針

 
COUNTER145360
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立笠間高等学校